伝統工法の家づくり

愛知の石場建て7 構造見学会

伝統工法の良さは、日本の気候風土の中で永く持ち、深みのある意匠に磨かれていく事です。
伝統工法の家づくりとは「真壁造りの石場建て」だと考えています。
つまり構造即意匠であることが、構造が空気と光に触れ生きていられるから。