【ご案内】12月8日(日) 三和土ワークショップ

ご依頼

このたびは、水野設計室のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
ホームページをご覧頂いている多くの方は、設計事務所に依頼する事や、伝統工法の家づくりは、敷居が高いと感じているかと思います。
このページでは、水野設計室や伝統工法の家づくりを身近に感じて頂けるよう、家づくりの進め方・私の考え方・伝統工法の価値をお伝えしたいと思います。

家づくりの工期

STEP.1
お問合せ~ラフプラン作成
2ヶ月~ 
STEP.2
設計契約~見積もり依頼
4ヶ月~
STEP.3
確認申請~工事契約
4ヶ月~
STEP.4
着工~引き渡し
12ヶ月~
STEP.1
お問合せ~ラフプラン作成
2ヶ月~ 
STEP.2
設計契約~見積もり依頼
3ヶ月~
STEP.3
確認申請~工事契約
1ヶ月~
STEP.4
着工~引き渡し
6ヶ月~

家づくりの流れ

ホームページのお問合せフォーム、またはお電話 [0574-43-1603] にてご連絡下さい。
定期的に現場見学会やワークショップも開催していますので、お気軽にご参加下さい。

ご興味をお持ち頂けましたら、当設計室やお客様のご自宅・建設予定地にてお会いしましょう。
ご要望・ご予算などをお聞きし、家作りの流れをご説明いたします。
お客様のお好きな建物や家具やお庭のお話や、理想の暮らしなどお聞かせ下さい。
また、私の仕事の様子や暮らしぶりや人間性もご覧下さい。

話が進みましたら、私からラフプランをご提案いたします。
進行中の現場であったり、設計させて頂いたご自宅などもご案内いたします。
不安を解決して家作りを進める為、契約前の時間を大切にしています。
※ ここまでは、原則設計料は頂きません。

お互いのご意思が固まりましたら、設計契約を結びます。
伝統工法の場合は、工事会社(棟梁)を決定してから設計契約をさせて頂きます。

基本設計では、配置図・平面図・立面図・矩計図・構造計画・外構計画を決定します。
奇をてらわず、周辺の自然や風土を生かし、将来街並みや風景となる家作りを心がけています。

「自然と向き合う=心地よい建築」

実施設計では、詳細意匠図・詳細構造図・家具・照明・造園・設備を決定します。
プラスターボードや樹脂製品に頼らず、自然の素材と手仕事による家作りを心がけています。

「素材と向き合う=命ある建築」

当設計室は、伝統工法の構造設計(限界耐力計算)を自ら行う、数少ない設計事務所です。
構造即意匠(真壁)である伝統工法には、意匠と構造を同時進行できる設計の技術力が必要です。
真壁により構造が空気に触れ、石場建てにより縁の下を風と光が流れる伝統工法は、日本の気候風土の中で建物が生き抜く為に必要な「構造の耐久性と維持管理のしやすさ」を持った唯一の家づくりです。

「耐久性の追求=時間により磨かれる本物の建築」

図面一式完成しましたら、工事会社に見積もりを依頼します。
伝統工法の場合は、1社の工事会社に、匿名で見積もりを依頼します。
在来工法の場合は、複数の工事会社に、合い見積もり・競争入札を依頼します。

建築確認を行政に申請します。
伝統工法の場合は、構造計算適合性判定を検査機関に申請します。

当設計室同席のもと、お客様と工事会社との間で、工事契約を結びます。
地鎮祭を執り行い工事開始です。

伝統工法の家作りには、お客様の出来る作業がたくさんあります。
職人さんとの関係を築き、ぜひ一緒に家作りに参加しましょう。
お引き渡し時は、当設計室同席のもと工事の完了を確認し、工事会社より鍵を受け取ります。
完成後は、定期的に棟梁や監督とも一緒にお伺いし、点検を行います。

ご質問

はい、大丈夫です。
一度お伺いして、ご要望・ご予算・耐震性などのご質問にお答えし、ご提案させて頂きます。
条件によっては、詳細な調査(耐震診断)が必要な場合がございます。
素晴らしい民家はまだまだ残っていますし、伝統工法は改修しやすい構造です。
解体してしまう前に、ぜひご相談頂き、残す方法を一緒に考えましょう。

地域・時期・建物の仕様により、私からご紹介いたします。
今まで一緒に仕事をした工事会社です。

 ・各務工務店(岐阜県 八百津町)
 ・岡崎製材所(岐阜県 八百津町)
 ・野村建築(岐阜県 八百津町)
 ・岩井住建(岐阜県 八百津町)
 ・吉田建設(岐阜県 可児市)
 ・オダ工務店(愛知県 蒲郡市)
 ・紬建築(愛知県 名古屋市)
 ・山七建築工房(愛知県 名古屋市)
 ・木ごころ工房(静岡県 森町)

  ※ 順不同