一宮の石場建て6 手刻み

少し前ですが、建て主と大工の刻み場へ見学に行ってきました。
手刻みの仕事は、建て方で組んでしまえば隠れてしまう仕事がほとんどです。
建て主が、仕口や継手を作る大工の手仕事を見ることで、プレカットにはない大工の技術が家に注がれていることを実感して頂けますからね。

親子で大工業を営む溝口さん。
親方は、石場建ては自邸以来だそうで、メモしている仕口の詳細を見ながら、狭地での建て方の進め方を思案中です。

コメントを残す