【ご案内】12月8日(日) 三和土ワークショップ

愛知の茅葺き再生13 黄金の屋根

誰かに聞いた話で、いつの事かわかりませんが・・・
ある茅葺き民家に住んでいたおばあさんが、茅葺き屋根は田舎臭く費用もかかるので、周辺の民家が次々と板金の屋根に変えていく中、おばあさんは茅を葺き直す事にされたそうです。

その理由は、生きているうちにもう一度だけ・・・
葺き替えたての黄金に輝く屋根を見たかったからだそうです。

私が茅葺きに興味を持つきっかけになった一つの話ですが・・・
おばあさんの言ってた意味がはっきりわかりましたよ、
こんな愛らしい建築見たことない、またやるよ!