岐阜の石場建て10 土壁

岐阜の石場建て10 土壁

柱梁の木、小舞の竹、土壁に入れる稲の藁、畳の井草などの植物資源。
基礎の石、粘土から成る土壁と瓦、漆喰の石灰などの鉱物資源。

これらの資源だけで家を作る「伝統工法」はとても魅力のあるものです。
ほんの数十年前までは、全ての日本の家がそうでした。

昔からある本来の自然素材とは、時間をかけて、資源を建築材料として生かしていた。自然の素材を時間をかけずに、樹脂で貼り付けている、流行りの自然素材とは全く違います。

家はやっぱり土壁がいい。土壁に、木組みと石場建ては外せません。

現場見学は随時受け付けています、ご希望の方はご連絡ください。

コメントを残す