8月25日(日) 茅葺きワークショップ

一宮の石場建て16 家具

変形のダイニングテーブルが搬入しました。
岡崎製材所さんの倉庫に眠っていたケヤキの一枚板で製作したテーブルです。
椅子はこれから購入予定との事で、楽しみですね。

普通はオークやタモなどが多いですが、伝統工法の家には出来るだけ和風の木をサラッと使いこなせるようになりたいです。天板板などは広葉樹にしたいですが、今後は桧や杉で作る家具にも挑戦していきたいと思っています。

1月末に行った見学会の様子です。
2日間ともほぼ満席でたくさんの方に伝統工法の家を見て頂けました。
お施主様にはご無理を言い、何度も見学会をさせて頂き本当にありがとうございました。

今回は以前から考えていた、建て主さん同士の交流も出来ました。
既に建てられた建て主と、現在進行中の建て主と一緒に、伝統工法の話で盛り上がったのは初めての事でしたが、とても面白かったです。
全く時間が足りなかったので、次回は我が家で竹小舞の作業でもしながら、食事をしながら、話ができる時間を企画する事になりました(笑)

現場では、小椋造園さんによる外構工事が始まりました。
緑が入ってようやく部屋の完成です。4月頃に写真を撮り来るのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です