恵那の石場建て・船頭の土壁 設計例に追加しました

糸島の石場建て3 建前見学会(7/22)+構造見学会(8/24)

見学会のご案内です。
お誘いあわせの上、お申し込みください。

建前見学会

日時
7月22日(月)・23日(火)・24日(水)
① 9:00~12:00
② 13:00~16:00

 ※ 天気・行程次第

構造見学会

日時
8月23日(金)
① 13:30-15:00
② 15:30-17:00

8月24日(土)
③ 9:00-10:30
④ 11:00-12:30
⑤ 13:30-15:00
⑥ 15:30-17:00

 ※ 天気・行程次第

場所


福岡県糸島市 ※ 申し込み後にご連絡します 

申し込み


お問合せより、下記項目をご連絡下さい。

1.氏名
2.住所
3.携帯電話
4.人数
5.希望日時
6.コメント(参加目的など)

 ※ 建築関係の方も参加可能ですが、家作りを検討している方を優先させて頂きます。

 


 

 

糸島の石場建て、いよいよ建前が近づいてきました。
2022年から始まり、裏山の伐採、製材乾燥、石据え、土作り、刻みまで進み、ようやく建前です。

私の中では、もう9割5分は終わったかのようで、ほぼ完成した気分です。
のこすは、家を建てて瓦葺いて、竹編んで土塗って、床貼って建具を付けるだけ。

建前ですが、7月22日(月)から始まる予定です。
私も22日に現場に行き、終わるまで現場にいる予定です。
今回は、荷物や移動の事も考えて初の車で糸島に行きます。

建前見学会では、私は写真撮影をしていますが、空いた時間に私がご案内いたします。
家が建っていく姿を見るだけですが、興味がある方は一緒に見学しましょう。

構造見学会では、瓦屋根が葺かれ竹小舞が編まれた部屋を、見学・体験して頂けます。
23日(金)は職人さんが作業されている所を、見れるかもしれません。
私は見学会中は現場にいます。建物の説明やご質問等にお応えいたしますので、気軽にご参加ください。

 

 

現場の様子。
半年前に、轟さんが据えた石は、もう草に呑み込まれている。
夢だった、草むらでの建前。
やっと、ここまでこれましたよ!

 

 

住幸房の様子。

ちょっと前は製材場だった土場も今は刻み場。
差鴨居と脚固めが山積み、これから柱にかかります。

 

 

土場の外は、大工工務店とは思えない広大な土地に材木が山積みです。
間口五間の小屋裏に、地棟の太鼓梁がダブルエントリーで架かります。

 

ここまでこれたのも、全工程に関わって頂いているお施主様と、住幸房の池尾さん・滝口さんの頼もしいツートップのおかげです。
引き続きよろしくお願いします。