恵那の石場建て・船頭の土壁 設計例に追加しました

天白石場建て2 建前見学会(8/5)+構造見学会(8/25)

見学会のご案内です。
お誘いあわせの上、お申し込みください。

建前見学会

日時
8月5日(月)・6日(火)
① 9:00~12:00
② 13:00~16:00

 ※ 天気・行程次第

構造見学会

日時
8月25日(日)
① 9:00-10:30
② 11:00-12:30
③ 13:30-15:00
④ 15:30-17:00

8月26日(月)
① 9:00-10:30
② 11:00-12:30

 ※ 天気・行程次第

場所


名古屋市天白区 ※ 申し込み後にご連絡します 

申し込み


お問合せより、下記項目をご連絡下さい。

1.氏名
2.住所
3.携帯電話
4.人数
5.希望日時
6.コメント(参加目的など)

 ※ 建築関係の方も参加可能ですが、家作りを検討している方を優先させて頂きます。

 


 

天白石場建て、建前まであと一か月です。
市街地で二階建ての石場建て、布基礎のコンクリートの上の石場建てを建てます。

建前見学会では、私は写真撮影をしていますが、空いた時間に私がご案内いたします。
紬建築の20代30代の若い大工たちが、建前に向かう姿が楽しみです。
家が建っていく姿を見るだけですが、興味がある方は一緒に見学しましょう。

構造見学会では、瓦屋根が葺かれ竹小舞が編まれた部屋を、見学・体験して頂けます。
建物の説明やご質問等にお応えいたしますので、気軽にご参加ください。

 

 

基礎は現状はこのような状況です。ここから大工たちがやれる事をやっていきます。
まずは杭を打ち、栗石を敷いて、有機物と炭を使って雨水が土に還る環境を作る。

 

 

高基礎部分には、この3.0㎡(1.0M×3.0M)の石を使います。
階段も石で作りますが、土木工事・石工事は紬造園の大工たちです。

 

 

もちろん本業の刻みも、皆さんバキバキに経験を積まれて、新しい戦力も加わって、調子が良いようです。