10月17日(土)・18日(日) 柳津の民家再生 完成見学会

静岡の石場建て11 外壁

静岡の石場建て、足場がバレて、外壁の話です。
今回の外壁の仕様は、大壁板貼り(3パターン)、大壁木摺漆喰、真壁漆喰です。

大壁には断熱材のフォレストボードを柱面で納めています。
西側の妻は鎧張り押縁仕様、玄関脇は鎧張り簓子仕様、下屋周りは赤身板の縦張りです。

左官の大壁は木摺り漆喰下地。
付け柱・付け梁・妻飾りに、中付の袖と風切丸。

左官の大壁は、荒壁中塗り下地。
六尺以上の深い軒下に、差鴨居と脚固め現しの真壁仕上げ。
道路に面した北側玄関、開口部は格子で隠します。

南東の隅の六尺の木製建具。
建具もここまで出来るんですね。

大工、建具、左官、静岡の一流の職人さんたちの技術を見せつけられています。
職人の感性が、この家の価値をめいっぱい引き上げてくれています。