一宮の石場建て8 建方

一宮の石場建て、建ちました。
掛矢の音が響きわたり、たくさんの方に木組みの建て方を見て頂けました。
正面の保育園の園庭からは、子供たちがフェンスに並んで、目で見て耳で聴いていました。

外観は、石場建て・軒裏現し・鎧張り板壁・真壁左官仕上げです。準防火地域で木の家が少なくなった地域ですが、将来に伝統的な木の家作りを伝えていく家であって欲しいと思います。

家の中心には、建て主が伐採に立ち会った樹齢100年を超す桧の大黒柱。
上棟おめでとうございます。

 

コメントを残す