【ご案内】石場建ての家 小冊子 作りました

自然素材で家を作りたい

はじめに 

設計を始めた2010年頃、私が最初に取り組んだ家作りは「自然素材の家」でした。

 

流行りの「自然素材の家」

当時の私の自然素材の家作りは、床は木のフローリング、壁はプラスターボードに漆喰、天井も板または漆喰。
目に見える部分に自然素材を使う、白い大壁の木の家でした。

一般的な家と比較すると予算が高くなってしまうので、クロスを併用する事もありました。

コンクリートの基礎に加工はプレカット。私は最初の2軒だけプレカットで建てました。
構造の木は極力現す、ボルトや火打ち梁を見せたくなかった。

 

初めて設計した新築の家

乾式大壁のプレカットです。テーブルや照明も作らせて頂きました。

 

2軒目に設計した新築の家

乾式大壁のプレカット。木製建具も作らせて頂きました。

 

初めてリフォームした家

鉄骨の工場、減築して中庭を作らせて頂きました。

 

 

この頃に完成した家は、もうすぐ10年です。
経験のない私に、仕事の依頼を頂き感謝しかありません。
丁寧に暮らして頂いていて、気持ちの良い家たちです。

 

さいごに

当時は、自分の良いと思う家を作るというよりは、お施主様の求めている家・みんなが求めている方向の家を目指していました。
そもそもこの頃は、設計をしていた私もお客様と同じように、雑誌に載っているような「みんながやっている家作り」しか出来ないと思っていましたね。

 

次回は木組み。手刻みと天然乾燥材。