八百津の農家民宿2 解体

八百津農家民宿2

少し前ですが、解体中の現場です。

古民家は、昔の土間部分を台所や水回りにリフォームしている場合が多いです。
リフォームの時に作られた天井を取り除くと、昔の囲炉裏に燻された小屋組が現れます。
昔の立派な小屋裏とは対照に、合板で包まれたリフォームのおかげで柱はやられ、コンクリートブロックを積まれた風の通らない床下は湿気とシロアリでボロボロです。

今回は民宿なので、火気使用室である台所は区画が必要。
水回りで、壁を追加して補強します。

小屋裏は、垂木の下で仕上げて、小屋組みは現します。

八百津の農家民宿2

玄関も壁と天井を取り除くと、踏み天と土壁や差し鴨居が現れます。

八百津の農家民宿2

田の字の和室の小屋裏です。

八百津の農家民宿2

八百津の農家民宿2

八百津の農家民宿2

 

コメントを残す