4月7日(日) 「静岡の石場建て」構造見学会 

白川村の茅葺き

初めて白川村へ行きました。一年前、ある建築士の方とのお話をきっかけに「茅葺き民家」を建築物として意識するようになりました。
季節を持った茅葺き民家は生きている。
一年前、茅葺き民家に巡り合えた事は、本当に幸せな事でした。

茅葺き民家の前に立つと「サスティナブル」という横文字が恥ずかしくなります。
茅葺き民家の建つ土俵に登るまで、もがき続けますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です